2018年07月04日

松井証券でのNISA口座、ロールオーバーはどうなるの?

Sapporo HR.jpg
※夏競馬の季節ですな


NISA口座は松井証券で開設しています。

2014年の投資分は今年が期限になり、それを課税口座に移すか、ロールオーバーするかの対応が必要です。


SBI証券では詳しく説明されています。

NISAロールオーバーとは?非課税期間満了時のご案内


一方、松井証券では非課税期間満了時の案内は特になかったので、問い合わせを行い以下の回答がありました。


NISA口座で購入した株式をさらに5年間保有し続けるロールオーバーを希望する場合、書面での手続きが必要です。
※ロールオーバーは同一の金融機関等に開設するNISA口座内でのみ可能です。

ロールオーバーの手続方法について、現在準備中です。

ロールオーバーの手続きは、詳細が確定次第、ネットストック会員画面内上部【ホーム】−左側【お知らせ】画面へメッセージを掲載してご連絡します。今しばらくお待ちください。

なお、ロールオーバーする場合、上場株式等の額は、買付価格ではなく払出日の時価となります。

払出日に価格が下落していた場合でも、当初の買付価格と払出日の時価との差額に係る損失はないものとされ、差額は損失計上できません。ご注意ください。




詳細の連絡があったらどう対応するかじっくり考えますが、

なお、ロールオーバーする場合、上場株式等の額は、買付価格ではなく払出日の時価となります。


の一文が気になるなぁ。


例えば2014年にA株を10,000円で100株(最低単元)購入(100万円)して、2018年末に株価が15,000円になってた(150万円)場合、ロールオーバーできないってこと?

金融庁の説明ではロールオーバーの金額には上限なしと書いてあるので、まぁ大丈夫か。

NISAのポイント


まずは詳細の連絡を待ちましょうか。




にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村
ブログパーツ


posted by しいたけを at 15:40| Comment(1) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。