2017年09月28日

実家暮らしのメリットを活かして長期旅行


蚊取り線香 / kanonn


実家暮らしするようになってから、四国と札幌に1か月程度の長期旅行をしました。

一人暮らしの時は、旅行に億劫だったというのもありますが、長期旅行はしていませんでした。

どうして一人暮らしの時は長期旅行をせず、実家暮らしの時は長期旅行をするようになったか。


それは、長期旅行の場合には、実家にお金を入れなくてもいいからです。

厳密に言えば、水道光熱費の基本料は使用如何に関わらず発生するので、割り勘で払わないといけませんが、免除してもらっています。

一人暮らしの時に長期旅行をすると、滞在先での宿泊費+不在しているアパートの家賃と宿泊関連費が二重にかかってしまいます。

宿泊関連費が二重ということもあり、一人暮らしの時は長期旅行をしませんでした。


それと、実家暮らしをしていると多少なりとも飽きやストレスが出てきたので、飽きやストレスをリセットする目的でも長期旅行をしています。

実家暮らしをしつつ、1年に数回長期旅行をするというのが1つの型になりそうです。

関連記事
無職あるある?在職時はあれだけ行きたいと思っていた海外旅行に行ってない

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 実家暮らしへ
にほんブログ村



ブログパーツ
posted by しいたけを at 17:11| Comment(2) | 実家暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

使ってみて分かったウィークリー、マンスリーマンションのシステムA(料金以外)

カプセルホテル.png

使ってみて分かったウィークリー、マンスリーマンションのシステム(料金以外)を紹介します。

マンションではなくアパート

長期滞在型の施設はウィークリー、マンスリー「マンション」と呼ぶのが一般的なので、札幌で使ったのもマンスリーマンションでした。
ですが、マンションのように管理人はおらず、オートロックもない、階層は3階建てという所謂アパートでした。
使ったアパートは浴室とトイレは別、インターネットも無料で満足。
トイレが温水洗浄便座なら完璧でした。
ウィークリー、マンスリーマンションには、外観内装ともアパートなるものもあります。


連帯保証人、審査が必要

1か月程度の滞在なので、連帯保証人も審査も必要ないと思っていましたが、物件業者によっては必要のよう。
どのくらい審査が厳しいかは分かりませんが、1か月程度の滞在者には保証金で済ませてもらえないのかな、と。


NHKの契約をしていないことも

NHKのBS放送を見ようとテレビをつけたら、画面左下に「受信機設置の連絡のお願い」の表示。
なるほど、NHKの受信契約はしていないと。この場合は誰がNHKの受信契約するのが適当なのかな。他の物件での契約書には、賃料にNHK受信料は含まないものとする、と書かれていることも。


クリーニング業者を使ってる?

札幌での体験談からの話です。
そこそこのクリーニング代を請求されたので、てっきりクリーニング業者を使っているのかと。
旅行初日に物件に入ったときは、キレイで問題ないと思っていました。
しかし、部屋に数本の女性の長い髪が。。。浴室の排水溝を見たら、ここにも女性の長い髪あり(男性かもしれませんが)。前の住人?それとも業者の女性が落とした?
自分が業者であれば、短期滞在の契約であれば、自分たちで掃除するんじゃないかと。
どちらにせよ、クリーニング代を請求されるなら、部屋はキレイであってほしいものです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



ブログパーツ
posted by しいたけを at 16:55| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする