2017年08月22日

道民には日本ハムとコンサドーレ、どっちが人気あるかといえば

Sapporo dome.jpg

札幌滞在中に、日本ハムとコンサドーレの試合を見に行きました。


観に行った試合の観客は以下の通りです。

8/9 コンサドーレ対マリノス 17,350人
8/16 日本ハム対ロッテ 29,430人


日本ハムの人気っぷりを甘く見てた。。。30分前でも平日だしほぼ消化試合なので席は余裕かなと思ってたら、ビジター側ホーム自由席はギッシリ。お盆休みだったから?何とか空いている席を見つけることが。

一方で、コンサドーレのアウェイ側ホーム自由席はガラガラだったので、17,350人もいたとはビックリ。



コンサドーレの試合日は天気が悪かったりとか、お盆休みあたりの日本ハム戦だったから集客したからとかあると思いますが、道民には日本ハムとコンサドーレ、どっちが人気あるかといえば北海道日本ハムファイターズなのでしょう。
大谷効果は大きいと思いました。明らかに大谷が打席に入った際の球場の雰囲気は違いました。自分は、ロッテの福浦が代打で出たときに、テンション上がりました。


シーズン中はほぼ毎日試合があり、外野席であれば1,000円強で購入でき、試合展開によるけど3時間程度観戦できるので、時間があるリタイア生活には野球観戦が向いているのかなと。

【関連記事】
漫画を読むなら、ネットカフェより大人400円で漫画読み放題の立川まんがぱーく

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



ブログパーツ
posted by しいたけを at 16:17| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

地下鉄バス乗り継ぎができて、札幌の交通手段をマスターした気が


Sapporo Subway / Kzaral


札幌に来て10日以上が経ち、ようやく交通手段にも慣れてきました。

最初は市内路線のバス会社の多さに戸惑いました。

@ジェイ・アール北海道バス
A北海道中央バス
Bじょうてつバス


じょうてつバスをご存じの方は札幌通。


そして、地下鉄バス乗り継ぎをマスターしました。

地下鉄バス乗り継ぎとは、地下鉄からバス(またはバスから地下鉄)に乗り継ぐ際は各々個別に買うよりも安くできることです。

地下鉄からバスの乗り継ぎは、販売機でバス乗り継ぎの料金で購入し、その切符で地下鉄とバスに乗る事ができます。

バスから地下鉄の乗り継ぎは、バス下車時に地下鉄乗り継ぎの旨を伝え、バス料金+120円を支払い乗り継ぎ券をもらう。乗り継ぎ券で地下鉄に乗り、下車駅で精算機に乗り継ぎ券を入れ精算し、改札を出る。

この方法で片道80円安くなりました。

地下鉄(札幌市交通局)と路線バス(民間会社)とでこんな連携があるのは珍しい。

札幌市営バスを民間会社に譲渡したから?


地下鉄バス乗り継ぎができて、札幌の交通手段をマスターした気になりました。

関連記事
相模湖から高尾山へのハイキング、キツくてヘロヘロ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



ブログパーツ
posted by しいたけを at 15:14| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

やっぱりフェリーでの旅行はテンションが上がる

Ferry.jpg

現在、札幌で避暑中です。

札幌までの移動手段としてフェリーを使ったのですが、フェリー旅行はいいですね!

過去を振り返ってみれば、
学生時代は神戸→上海(鑑真号)、天津→神戸(燕京号)等、社会人になっては北九州→大阪、東京→徳島等、最近では和歌山→徳島の移動をフェリーでしました。

フェリー旅行の魅力といえば、

@ダラダラできること
ダラダラするのは普段の生活でもできますが、ダラダラしてても勝手に移動してくれる。

A窮屈な思いをあまりしない
バスや飛行機は狭い車内で窮屈な思いをすることも多いが、フェリーでは気ままにデッキ、トイレ、お風呂、ゲームコーナーに行くこともできる。

Bフェリーの風呂
オーシャンビューのお風呂はテンションが上がる。
浴槽のお湯が波のように揺れるのもいとおかし。

仙台→札幌の移動であれば、9月よりLCCのPEACHが新規就航し1時間強で安値5,000円程度で新千歳まで行けるのに対して、フェリーの場合は半日以上かけて7,000円程度で苫小牧。

時間と費用の面から見ればLCCなのだが、フェリーでの贅沢な時間というのも捨てがたい。

普段よくやる18きっぷの旅行であれば、乗り継ぎのことを気にしないといけないからなぁ。

関連記事
大阪から徳島に行くなら、南海電鉄&南海フェリーの好きっぷ2000で

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村




ブログパーツ
posted by しいたけを at 15:48| Comment(5) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする