2014年10月09日

30代の早期退職は成功か失敗か、後悔してないか


After drunken night at Chris' II_MMVI / andronicusmax


早期退職に応募したのは、成功か失敗かを加筆修正したものです。

以前からの記事で早期退職に関するメリット、デメリット、流れ、手続等をまとめてきましたが、早期退職に関心がある人にとって気になるのは、
・早期退職に応募したのは果たして成功だったか?
・それとも失敗だったのか、後悔してないか?
ではないでしょうか?

実際、このブログへの検索ワードで
「早期退職 失敗」「早期リタイア 失敗」
で来られる方もいらっしゃいます。

人それぞれで成功、失敗の基準は異なりますが、自分が考えた基準毎に自分の場合はどうだったか振り返っていきます。


再就職

30代の早期退職者であれば、その基準の1つとして再就職できたかどうか。(再就職できたのであれば)再就職先が良かったか(給料、待遇、働きやすさ等)を挙げることができます。

この基準であれば、自分は失敗。
前職に限界を感じて、未経験の業界、業種を志望して求職活動をしたものの、未経験の壁は思った以上に高く、再就職できず。「再就職」という言葉は主に正社員がイメージできるので、自分の場合はアルバイトはしているが再就職できずとしました。

再就職していない(ので説得力がないが)自分から言えることは、
30代の早期退職者は、多くの早期退職者が40代や50代であるので年齢面で有利。
なので、経験のある業界や業種を志望して、且つ前職の収入より下がる(半分になる可能性も)ことを覚悟し生活水準を落とせば、再就職できる可能性が高まり成功となるのでは。


前の会社の現況

早期退職者であれば、前の会社に残っておけばよかったかなと思う事もあり、ついつい前の会社を気にする事も。
自分の場合は、前の会社に残らずに辞めて正解だったと感じているので成功です。

自分の早期退職後も、前の会社は2回も追加の早期退職を募集し、合計3千名程度が辞めるとのこと。追加の早期退職の内容は、以前よりも優遇金等が劣るとも。
また前の職場がある事業所は、今後はどうやら閉鎖され、多くの従業員が転勤を余儀なくされるそうです。そして、ツイッターや某匿名掲示板によると、またまたまた早期退職募集があるらしい。

こんな職場環境では、安心して仕事に励むことはできないです。


リタイア、早期リタイア

早期退職を機に、このままリタイア生活に入る人もいるでしょう。そんな30代の早期退職者であれば、そりゃ成功です。

自分の場合は、失敗でもあり成功でもあります。

<失敗の面>
まず失敗についてですが、早期リタイアを目指す人は事前にある程度早期リタイアの算段をします。
早期リタイアに必要なお金の計算、シミュレーションを行い、いつまでにいくら貯めて早期リタイアするという計画を立て早期リタイアを目指します。

自分の場合は早期リタイアの計画を十分に立てずに、仕事が飽きた嫌だった状態で早期退職の募集があったので、ホイホイと応募したと言ってもいいです。早期退職後に、早期リタイアに必要なお金の計算をしたら、ムムムと固まってしまった次第です。

<成功の面>
再就職するつもりだったので、雇用保険の失業給付や国民健康保険税の減免等を優遇してもらえたことです。これにより、早期退職後の税金等の支払いが少なくて済みました。

上記の失敗や成功の面を踏まえて、早期リタイアできるかと言えば現状は生活のレベルを更に落とせば、早期リタイアできるはずと言えるでしょう。
失敗だったが無理くり成功させたと、40年後も言えたらいいな。


することがなく暇かどうか

早期リタイアをしたは良いがする事がなく、近所の目を気にして昼間からブラブラできず引きこもりがちになり、一人暮らしであれば話し相手もいないので誰とも会話せず、精神的に肉体的に病んでしまうなんてことも。

この点は今のところ、まぁ成功です。
自分の場合は最初の1年は勿論再就職活動をしつつ、平日日中は株式市場を見たり、英語の勉強、夕方以降はブログを書いたり、目が疲れたらポッドキャストを聞いたりして、暇をつぶしていました。
ここ数か月は、自分でもできるボランティアをしたり、コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べに出席したり、家庭教師のアルバイトを始めたりました。

やる気がない時は多々ありますが、やる気がない時に自分を奮い立たさせることなく、ダラッとできるのはいいね!

外出時以外は他人と会話することはほとんどありません。
全く寂しくないと言ったらウソになりますが、寂しくて夜中に誰かに電話したくなるなんてことはありません。会話するリハビリとして、Skypeでも始めようかと思っております。


以上4つの基準で振り返りましたが、再就職という点では失敗、それ以外はまぁ成功かなという感じです。

早期退職関連記事
まとめ そもそも早期退職とは
まとめ 早期退職制度の詳細(金額等)
まとめ 早期退職のメリット
まとめ 早期退職のデメリット
まとめ 早期退職の決断理由
まとめ 早期退職が発表される前兆
まとめ 早期退職の一連の流れ
まとめ 早期退職時の面談
まとめ 早期退職後の諸手続き(雇用保険の失業給付)
まとめ 早期退職後の諸手続き(健康保険)
まとめ 早期退職後の諸手続き(国民年金、企業年金 年金その1)
まとめ 早期退職後の諸手続き(企業型確定拠出年金、運営管理機関の選定 年金その2)
まとめ 早期退職後の諸手続き(所得税、住民税
関東南部で早期退職後に住民税が減免できそうな自治体は?
早期退職後の再就職と再就職支援会社
30代の早期退職は成功か失敗か、後悔してないか
リタイア希望者が早期退職前にやっておくこと、引越しとクレジットカード作成
早期退職後に陥ったこと、足腰弱る


にほんブログ村

リタイア日記 ブログランキングへ




ブログパーツ
posted by しいたけを at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 早期退職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

55歳からのハローライフで唯一ハマったセリフ


hello.jpg / Incase.


先月までに放送されていた、55歳からのハローライフ。
ネットでは好評だったようですね。

55歳からのハローライフ みんなの感想

30代の自分にはピンと来なかったせいか、ぼちぼちでした。

そんな感想を持ってはいますが、このドラマで唯一ハマったセリフがあります。
続きを読む
posted by しいたけを at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 早期退職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

不本意な敗戦 エルピーダメモリとルネサスが苦境に陥った背景


CMOS 555 / steve_lodefink


久しぶりに本を読みました。



また、ルネサスエレクトロニクス(以下、ルネサス)が早期退職による人員削減を発表しました。

半導体業界に詳しかった自分として、日立製作所、三菱電機、NECの半導体部門が合併してできたエルピーダメモリ(現:マイクロンメモリジャパン)とルネサスが苦境に陥ったことに思う事は多々あります。

この本を読んで、ルネサスが苦境に陥った背景について2点、書いていきます。


続きを読む
posted by しいたけを at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 早期退職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする