2015年05月12日

早期退職を考えるなら読みたい本「会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから」



GW中に読んだ本が良かった。



2011年に上場廃止となった三洋電機に関する本。

自分の三洋電機へのイメージとしては、「サンヨーオールスターゲーム」としてプロ野球のオールスターゲームの冠スポンサーをやっていた程度。ソニー、東芝、パナソニック等と比較し、一段劣った電機会社とのイメージ。

少し調べると、Xacti(ザクティ)やGOPAN(ゴパン)も三洋電機が作っていたのね。知らなかった。

この本では、前半は三洋電機が上場廃止にまで至った経緯、後半は元三洋電機社員のその後に関する話を扱っています。

自分は元メーカー勤務なので、この本で出てくる話は興味深かったが、特に興味深かった所を引用しながら紹介します。


「わが社」が消える日。
あなたはそれを想像したことがあるだろうか。
バブル経済の崩壊とリーマンショックを経験した今、もはや「わが社は永遠だ」と思っている人は少ないだろう。
「でも自分が現役のうちは大丈夫」
多くの人がそう信じている。
しかし、その日は突然やってくる。
2011年3月29日、三洋電機は上場廃止になった。かつて10万人いた社員のうち、三洋電機を買収したパナソニックに残ったのは約9000人。あとの9万人余りは会社の外に放り出された。彼らにとって三洋電機という会社は「消えた」に等しい。
はじめに(1P)より引用

この「はじめに」の1Pでガツンとくる。
自分が前にいた会社は分社、合併、経営危機、そして自分は早期退職した身なのでとてもしっくり来る。10年後は分からないと考え、ある程度の貯金と転職できる実績とスキルを身につけておいた方が良いですね。(自分の場合は転職できる実績とスキルが無かったが)

幕末、朝敵の烙印を押され、新政府軍に討伐された会津藩。白虎隊の若者たちは、その会津藩に殉じて若い血を散らした。山本はサンヨーブランドがなくなると同時に会社を去った。ずっと「サンヨー」の旗の下で戦ってきた自分が、「パナソニック」の旗を持つ姿はどうしても想像できなかった。会社が買われた以上、パナソニックのブランドを担ぐしかないのは分かっているが、自分は器用に乗り換えられるタイプではない。だから山本は会社を辞めた。
第六章 意地(232P)より引用

歴史で例えたくなるのは何となく分かります。
日立、三菱電機、NECの出身者で構成されたルネサスエレクトロニクスで例えると、ルネサスエレクトロニクスは三菱電機、NEC(土佐藩、薩摩藩)の色が薄くなり、日立(長州藩)主体となった明治時代の藩閥政府のようであると。
*肥前藩が抜けているし、うまく例えられませんでした。。。

「逆に言うと『辞めさせてはいけないリスト』に載っていない人は、みんなリストラ対象になります。買い手に『200人減らせ』と言われたら、我々は600人分の『辞めさせてもいい人リスト』を作って、揺さぶりをかけます。希望退職の応募者が足りない時は個別に面談して、向こうの会社に行ってもポジションがないことをやんわり伝えます。転職先を見つけておいて、そこに行くことを勧める。給料は半分になっても、働くとこがあるだけましやで、と。まあ、肩叩きですね」
「それで仕方なしに同期や先輩の肩を叩くわけですが、これが恨まれる。家の前に猫の頭を置かれた人もいました。事業部の人事部長は全部で50人ほどいたと思いますが、私の知る限り、大きなリストラをやった後は、ほとんどが本人も会社を辞めました」
第八章 贖罪(P262-263)より引用

これは強烈なエピソード。家の前に猫の頭を置かれるって。そういえば早期退職の面談をした元上司は、会社を離れたと話を聞きました。嫌だったでしょうね、早期退職の面談は。面談をされる方も、する方もキツイ。


これ以外にも、電機産業の過当競争と経済産業省の「チャンピオン+1」、家電量販店への営業話、元三洋電機社員が開発したベビーカーの話等興味深い話が色々あります。

元三洋電機社員が開発したベビーカーの話は以下の記事でも紹介されてます。

元パナ技術者がベビー布団を開発…「西松屋PB」のヒットが流通業界に波紋を呼ぶ!?

早期退職を考えるなら、電機業界関係者なら、是非とも読んでおきたい一冊ですよ!

関連記事
不本意な敗戦 エルピーダメモリとルネサスが苦境に陥った背景


にほんブログ村

セミリタイア ブログランキングへ




ブログパーツ
posted by しいたけを at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 早期退職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

関東南部で早期退職後に住民税が減免できそうな自治体は?

ネットサーフィンをしていたら、早期退職者に役立ちそうなブログ記事を見つけました。

失業で住民税はこんなに減免できる
失業時に申請すると自治体によっては払った住民税が返ってきます。僕はこれで約2万円返ってきました。

そして昨年の所得が確定した時点で(ちょうど1月の今現在)、前年の所得額を申請することで、さらに免除が受けられました。これでまた約7万円返ってきました!

約2万円+約7万円=約9万円が戻ってくるのはスゴイ!
神戸市は財政が潤っているからできるんすかね。
住民税が減免や免除できる自治体があるということで、関東南部で早期退職によって住民税を減免できそうな自治体はないか調べてみました。

【ご注意ください】
調べたと言っても、関東南部の自治体を数件選んで自治体のホームページの情報を探したにすぎません。
ここで掲載しているからといって住民税の減免が必ずできるわけでもなく、ここで掲載していないからといって住民税の減免ができないとは限りません。
まずは、お住まいの自治体に問い合わせしてみて下さい。


【調査結果】
東京:見つからない

埼玉:見つからない

神奈川県:ありました!

川崎市
市税の減免と納税の猶予
個人市民税
勤労所得者が退職またはけがや病気による休廃業などにより所得が減少した場合
(前年の合計所得金額が300万円を超える方は除く。)

減免額
所得の減少の程度に応じて10分の2から全額まで

横浜市 
個人住民税の納税が困難な方へ(PDF)

座間市
市民税の減免

千葉県:ありました!

千葉市
市税の減免制度のご案内

市川市
減免制度について


上記自治体のホームページを見ていると、前年の合計所得金額が*00万円以下という条件つきの場合が多いですね。
前年の合計所得金額とは、所得が全て給与所得の場合であれば、給与等の収入金額から給与所得控除額を差し引いて算出されるものです。
川崎市の例のように前年の合計所得金額が300万円以下が対象であれば、給与等の収入金額が445万円になると対象外で、440万円であれば対象となりそうです。

先程の注意書きにも書きましたが、本記事を参考程度にしてもらい、住民税を減免できるかはお住まいの自治体に問い合わせをお願いします。

早期退職関連記事
まとめ そもそも早期退職とは
まとめ 早期退職制度の詳細(金額等)
まとめ 早期退職のメリット
まとめ 早期退職のデメリット
まとめ 早期退職の決断理由
まとめ 早期退職が発表される前兆
まとめ 早期退職の一連の流れ
まとめ 早期退職時の面談
まとめ 早期退職後の諸手続き(雇用保険の失業給付)
まとめ 早期退職後の諸手続き(健康保険)
まとめ 早期退職後の諸手続き(国民年金、企業年金 年金その1)
まとめ 早期退職後の諸手続き(企業型確定拠出年金、運営管理機関の選定 年金その2)
まとめ 早期退職後の諸手続き(所得税、住民税
関東南部で早期退職後に住民税が減免できそうな自治体は?
早期退職後の再就職と再就職支援会社
30代の早期退職は成功か失敗か、後悔してないか
リタイア希望者が早期退職前にやっておくこと、引越しとクレジットカード作成
早期退職後に陥ったこと、足腰弱る


にほんブログ村

セミリタイア ブログランキングへ




ブログパーツ
ラベル:減免 住民税
posted by しいたけを at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 早期退職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

2014年最多リストラ公表数はルネサスの2,782名


hardhat / snogglethorpe


不景気.comに昨年リストラした上場企業のランキングが掲載されていました。

2014年のリストラはルネサスが最多、2782名で突出

2013年は2位に甘んじたルネサスが、2014年はトップに返り咲きです。リストラ数以上に、ホップ・ステップ・ジャンプのような1年に3回リストラ公表はエグイですね。

14-01-16_001.jpg

不本意な敗戦 エルピーダメモリとルネサスが苦境に陥った背景
にて、エルピーダの1人当たりの売上高約1億円に対し、ルネサスを比較していました。

今回の人員削減を含めたとしても、

連結人員 24,418名(2014年3月末の連結人員27,200名−2,782名)
通期売上高 7,749億円(第1,2四半期実績+第3四半期予想*2)
→1人あたりの売上高 3,173万円

でエルピーダには及ばないので、1人あたりの売上高5,000万円になるまではまだリストラは続くのではないでしょうか。

関連記事
2013年、リストラした上場企業ランキング
早期退職希望者なら見ておきたい、NHK【地方発 ドキュメンタリー「突きつけられたゲンジツ〜希望退職711人の労働移動」】
地方のゲンジツは厳しかった、NHK【地方発 ドキュメンタリー「突きつけられたゲンジツ〜希望退職711人の労働移動」】を見て
不本意な敗戦 エルピーダメモリとルネサスが苦境に陥った背景


にほんブログ村

セミリタイア ブログランキングへ




ブログパーツ
ラベル:ルネサス
posted by しいたけを at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 早期退職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする