2013年10月26日

ちきりん「未来の働き方を考えよう」を読んで

再就職で苦闘している中、著名ブロガーちきりん氏の考えようシリーズ第4弾「未来の働き方を考えよう」を読みました。



内容はタイトル通りに、外部環境、働き方への考え方も変化している中、未来の働き方を考えようというものです。

当方が納得させられたのは、
自営業や小企業で働いている人は、最終的に自分の給与となるお金が、誰の財布から、どのような商品やサービスへの対価として、いつ、いくら支払われたモノなのか、常に意識しています。
企業規模が大きくなると、自分の給与が「何が何個、売れた利益に相当するのか」わかっていない人が増えてきます。赤字部門で働きながら、毎月きちんと給与が振り込まれていることに疑問をもたなくなる人さえいます。


という部分です。引用部分の後半は在職時の自分にあてはまります。営業や開発とは違うスタッフ系の仕事だったことから、誰が自分の給与を払っているんだと時々疑問に思っていました。赤字部門、赤字会社であっても給与が振り込まれるのは当然と思っていた節はあります。赤字会社なのに労働組合が生活防衛賃金(賞与を住宅ローンに勘案済み)といって賞与を要求する姿勢には、さすがに疑問視はしていましたが。
自分へのお金が、誰の財布から、どのような商品やサービスへの対価として支払われているのは常に意識したいと思います。

この本の中では、
40代で働き方を選びなおす
職業人生は2回選ぶものと考える

とありますが、概ね納得です。何も考えずに1つの会社に残留するのではなく、40代になったら振り返りをし新たな生活を検討してその結果その会社で働くとなれば、問題はありませんが。

一方で納得できない部分もあり、
就活は40代の方が巧くいく

と40代での有利な点を列挙していますが、求人が20代同様にあればその通りだと思います。実際には若い方が有利なので、この部分はしっくりこなかった。

総じて、働き方を再考するにはオススメの本です。

ちきりん氏の考えようシリーズの中では、「ゆるく考えよう」がブログの記事から厳選した内容になっており、一番面白かったです。

当方の中では、
ゆるく>未来の働き方>自分のアタマ>世界を歩いて
の順にオススメです。






にほんブログ村

投資信託 ブログランキングへ
ブログパーツ
posted by しいたけを at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 再就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

さようなら、再就職支援


Interview / Alan Cleaver



まもなく早期退職してから1年になるので、再就職支援会社を退会しました。

再就職支援会社とは早期退職制度の一環として利用できる、
再就職支援のアドバイスや求人紹介をしてくれる会社のことです。
再就職支援会社は大手の人材サービス会社(P社、A社、M社等)が行っていることが多いです。

使ってみた感想ですが、
生活のリズム、再就職のモチベーション作りにいいのではと感じました。
会社を退職すると通勤する必要がないので、自然と外に出る機会が減ってきました。そんな中面談を受けに行くのは、外に出る良い機会となり再就職活動での良い気分転換です。
また、退職当初はしばらくはゆっくりしたいと思い、その後もズルズルと再就職活動が長期化することもあります。再就職支援会社のキャリアアドバイザー(CA)との面談があると、「何もしていないと何か言われるな」と感じてしまい、結果として再就職活動をするという、自分のケツ叩きには最適なのかなと。

また、CAとの面談は失業給付受給の求職活動の実績にもなりますしね。

再就職のノウハウは色々教えてもらえますが、特段役立つということはないので、転職・再就職初心者だったら有難いかも。自分の場合はほぼ初心者だったので有難く、受講した起業セミナーは興味深かったです。

独自の求人内容はあまり期待しない方がいいかも。転職支援会社やハローワーク併用で行くべし。

CAは50代が主なので、30代の人では話が噛み合わない場合があることは留意(早期退職者は40、50代が主だから仕方がない)。自分の場合は、CAが40代で比較的話しやすい人だったので助かった。

どうしてだかわからないのだが、再就職支援依頼元(前の勤務先)の人事?から再就職状況のトレースを頻繁にしているとのこと。
競合他社に再就職しないかどうかのチェック?
今後の早期退職に向け、再就職実績積み上げトレース?

以上が使ってみての感想ですが、再就職しない人以外で再就職支援会社が無料で利用できるなら、再就職支援会社を使うことには損はないと感じました。

早期退職 関連記事
まとめ そもそも早期退職とは
まとめ 早期退職制度の詳細(金額等)
まとめ 早期退職のメリット
まとめ 早期退職のデメリット
まとめ 早期退職の決断理由
まとめ 早期退職が発表される前兆
まとめ 早期退職の一連の流れ
まとめ 早期退職時の面談
まとめ 早期退職後の諸手続き(雇用保険の失業給付)


にほんブログ村

リタイア日記 ブログランキングへ




ブログパーツ
ラベル:再就職 早期退職
posted by しいたけを at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 再就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

ありがとう、雇用保険

普通預金.png

先月で雇用保険の受給が満了した。
雇用保険の失業給付の合計は延長分も合わせて300日分。
この受給のおかけで、じっくりと将来の自分の働き方を考えることができた。在職時に収めていた以上に受給することができて、雇用保険の有難みを改めて実感。(健康保険は、自分があまり病気にならないのと3割負担が当然と慣れてしまっており、厚生年金、国民年金はまだ受給できないので有難みを感じない)

ただ認定日のハロワ来所時間が、1回目が午後、2回目が10時半、3回目が9時半、4回目以降は9時と段々早くなったのには、「受給が長期化する人には来所時間を早くし寝坊のトラップをかけている」と勘ぐったことがあったのは記しておく。(勤め人なら9時には出社しているのが多いのだけど)

雇用保険。ありがとう、良い制度です。

在職中の方なら、雇用保険は教育訓練給付金の制度もあるので参考までに。(自分は英語講座を受けて、教育訓練給付金を受給しました)

雇用保険の失業給付が詳しく書いてある、この一冊。



にほんブログ村

リタイア日記 ブログランキングへ




ブログパーツ
posted by しいたけを at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 再就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする