2016年05月21日

見つけにくかった楽天クラッチ募金を通じて、楽天ポイントで募金した

ポイントカード.png
楽天ポイントで募金しました。

実は、招き猫の右手さんの下記記事を見るまで、楽天ポイントで募金できることを知りませんでした。

楽天ポイントで募金した

というのも、楽天市場のサイトの下部にある「楽天グループサービス」を見ても、どこから募金できるのかを見つけることが出来なかったからです。


今回は、「楽天ポイント 募金」で検索したところ、楽天株式会社のサイトから楽天クラッチ募金なるものを見つけました。

楽天クラッチ募金
支援を必要としている人に、みなさまの想いを届ける楽天クラッチ募金。
緊急の災害・人道支援から、新たに次世代教育支援と環境配慮に支援を拡大します。
「楽天銀行」による銀行送金、電子マネー「楽天Edy」、「楽天スーパーポイント」、「クレジットカード」による募金を受け付けています。


災害・人道支援だけでなく、次世代教育支援と環境配慮関連にも募金ができるとのこと。

今回は、楽天ポイントを使って、熊本地震被害支援募金に募金させてもらいました。

使い道のない、期間限定の楽天ポイントがあったら、楽天クラッチ募金で募金したいと思います。

関連記事
期間限定の楽天スーパーポイント消化に最適!! +K(プラスケイ)Rポイントカードでお試しクーポンを使う
「クリックしてポイント!」でちまちまとポイント貯まるよ、楽天カード

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託 ブログランキングへ




ブログパーツ
posted by しいたけを at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

定期預金最適化シミュレーターを使って、ネット銀行の定期預金を預け入れる

普通預金.png

先週末に楽天銀行の1ヶ月定期を忘れずに預けようかなと思っていたら、参考になる記事を発見しました。

Step to Next Life
楽天銀行 1ヶ月定期 特別金利0.5%キャンペーンに参加

この記事のなかで、定期預金最適化シミュレーターなるものが紹介されていました。

定期預金最適化シミュレーター

定期預金最適化シミュレーター Ver.2

定期預金の最適預金金額を計算してくれるスグレモノです。

どうして最適金額が計算されるかというと、以下の理由からです。
なぜかというと利息やそれにかかる税金の計算の際、当然1円以下の端数は切り捨てされるわけで、このとき切り捨てられてしまう値が最後にもらえる利息に影響するからです。
特にこれは数万円からの小口で組める定期預金で顕著になります。たかが1円、されど1円です。税金がかかりにくいので小口で組んだほうが得なことが多くなります。
定期預金で利回りを最適化して効率良くお金を預けるより


【定期預金最適化シミュレーターの使い方】
新生銀行の2週間定期等はかんたん設定に設定されているので、それで計算。ちなみに新生銀行の2週間定期の最適金額は556,191円。

今回のように個別設定をしたい場合は、
かんたん設定では 元本を0.1万円からお好み金額 に
個別設定 利率を0.5% 期間を1ヶ月31日 に
して計算すると、計算結果は2,355円ですが実質利回り0.5%となる最大金額は14,130円となることが分かりました。


ムムム。。。どこまで工数をかけてやろうかしら。


最適金額VS工数

例えば、500,000円程度を楽天銀行の1ヶ月定期に預け入れようとする。10回程度の預け入れにしたい。

ケース0:500,000円(実質利回り0.4%)
500,000円
1回で預け入れ 500,000円*1回
受取利息170円(利息212円国税-32円地方税-10円)*1

ケース1:61,226円(実質利回り0.423%)
489,808円
8回で預け入れ 61,226円*8回
受取利息176円(利息26円国税-3円地方税-1円)*8

ケース0より7回増やせば6円得に。1回当たり約0.857円得。

ケース2:30,613円(実質利回り0.462%)
489,808円
16回で預け入れ 30,613円*16回
受取利息192円(利息13円国税-1円地方税0円)*16

ケース0より15回増やせば22円得に。1回当たり約1.467円得。
ケース1より8回増やせば16円得に。1回当たり2円得。

ケース3:14,130円(実質利回り0.5%)
494,550円
35回で預け入れ 14,130円*35回
受取利息210円(利息6円国税0円地方税0円)*35

ケース0より34回増やせば40円得に。1回当たり約1.176円得。
ケース1より27回増やせば34円得に。1回当たり約1.889円得。
ケース2より19回増やせば18円得に。1回当たり約0.947円得。


預け入れ金額が異なるので一概には比較できませんが、上記ケースより、受取利息と工数を勘案すればケース2の16回の預け入れが妥当な線か!?


考慮に考慮を重ねた結果。。。

じゃあ、自分は今回どうしよう?と考えた結果、

141,300円
10回で預け入れ 14,130円*10回
受取利息60円(利息6円国税0円地方税0円)*10


という金額を下げて、日和る結果で預け入れましたとさ。

関連記事
大手銀行にしか口座がない方には、住信SBIネット銀行がオススメ
失念してたよ、楽天銀行ハッピープログラムにしたら楽天証券からの資産形成ポイントなくなる


にほんブログ村

セミリタイア ブログランキングへ




ブログパーツ
posted by しいたけを at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月07日

「年間予算を使いきるか否か」悩みと1つの大きな問題


Present / jayneandd


11月の家計簿をまとめました。
このままの調子でいけば2014年の生活費の予算150万円は達成する見込み。

関連記事
早期退職後、2013年の生活費

生活費の詳細の分析は年明けにするつもりですが、海外旅行に行く予定が行かなかったのが達成の大きな要因。

と、2014年の生活費の予算は達成しそうなので、買いたいなと思っていたものを今月中に買おうか、それとも自然体で翌年に繰り越すか、どうしようかなと。

上記のような悩みは、会社員時代に部の費用予算を使いきるかでもありました。
年度末の3月になると、部の費用管理を担当していた自分は上司や部門長に部の費用実績の見込みを報告。部の費用予算が達成見込みになりそうだと、翌年度に必要なものを何とか今月中に購入できないかと上司から指示を受けることもありました。

来年の予算額を確保するため、無理して予算を使いきる(予算大幅達成だと必要ないものを予算計上していた、来年度はもっと削減できる、と思われる)なんて馬鹿らしいと思っていましたが、同じような悩みを生活費で感じてしまいました。

会社員時代と違うのは、勿論金額の大小はありますが、予算を立案するのも認可決定するのも消費するのも自分。来年の予算確保の為に、無理して予算を使いきる必要もなし。

と思っていたものの、やっぱり買いたいなと思っていたものを今月中に買おうかなとしたところ、大きな問題がありました。
12月にクレジットカードで買うと、支払は来年になっちゃうよ問題です。
ポイントはつかないけど現金で購入するかと考えましたが、見送りにします。

来年は10月に年間生活費の見込みを立案し、それを踏まえて11月迄にクレジットカードでお買い物をする。来年も同じ轍を踏まないように記事にしておきます。

関連記事
食費が1日300円以内か
毎月の生活費


にほんブログ村

リタイア日記 ブログランキングへ




ブログパーツ
posted by しいたけを at 11:44| Comment(2) | TrackBack(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする