2015年08月13日

見直し後の資産配分とポートフォリオ、そしてコツコツ積立投資を終了

前回の記事の通り、リスクオフに舵取りをし資産配分とポートフォリオを見直すことにし、7月中に投資売買を行いました。見直し後の7月末の資産配分とポートフォリオは以下の通りです。

【7月末の資産配分】



国内株式32%、先進国株式21%、新興国株式18%、国内債券16%、先進国債券5%、国内リート8%
※FXを除くリスク資産

過去20年実績 
期待リターン:6.2%、リスク:13.8% (myINDEXより)

前回と比べ、国内債券の割合を増やしました。


続いて、保有金融商品の一覧です。

<保有金融商品の一覧>

国内株式
個別株式:NTTドコモ等
ETF:TOPIX連動型上場投資信託(1306)等

先進国株式(全世界株式も含める)
ETF:Vanguard Total World Stock ETF (VT)
ETF:MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)
投資信託:ニッセイ外国株式インデックスファンド等

新興国株式
ETF:Vanguard FTSE Emerging Markets ETF (VWO)
投資信託:SMT新興国株式インデックス・オープン等

国内債券
個人向け国債10年変動等
投資信託:ニッセイ国内債券インデックスファンド

先進国債券
豪ドルMMF等

国内リート
ETF:(NEXT FUNDS)東証REIT指数連動型上場投信(1343)
投資信託:ニッセイJリートインデックスファンド


個人向け国債10年変動の購入とともに、ニッセイ国内債券インデックスファンドを購入しました。


そして、国内債券を除くリスク資産はあらかた保有したことになったので、コツコツ積立投資を終了することにしました。

関連記事
資産配分の見直し後は、リバランスをする代わりに投信積立内容を見直す

上記記事の通り、コツコツ積立投資を行ってきました。
かれこれ4,5年になったでしょうか。
いつが買い時かが分からなかった自分には、自動的に定期的に買い付けてくれるコツコツ積立投資はとても役に立ちました。

20代、30代の投資初心者には、まずはコツコツ積立投資がオススメです。やってみて物足りないと感じたなら、個別株やFXに乗り換えてもいいですしね。

関連記事
7月のギリシャ問題や上海株暴落を見て、リスクオフへ舵取り
2015年初の資産配分とポートフォリオを見て、ふと悩む
安定収入が無いのを(今更ながら)再確認し、資産配分を見直す


にほんブログ村

投資信託 ブログランキングへ




ブログパーツ
posted by しいたけを at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

7月のギリシャ問題や上海株暴落を見て、リスクオフへ舵取り



先月の話になりますが、ギリシャ問題、上海株暴落で自分の保有資産にも多少の変動がありました。

資産の変動と同様に、
ギリシャの国民投票はどうなるのか?
上海株はこれからどうなるの?
等でヤキモキするという心理的な変動もありました。

そんな際に以下の記事を見て、自分はリスクを取りすぎなんじゃないかと。

週明け、ギリシャがどうなり、株価や為替がどうなるのか
梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)より


自分はリスクを取りすぎと感じたので、週刊ダイヤモンド 2015年5/23号に掲載されていた「リスク許容度診断チャート」を元に1年間に最悪損するかもしれない金額(以降、最悪損かも額)を算出。



6月末の資産配分であれば、資産を1,000万円とすると最悪損かも額は290万円になる。毎月収入があるならまだしも、定期的な収入が全くない自分はもう少し最悪損かも額を下げるべきだと。資産を1,000万円とすると最悪損かも額は250〜200万円の範囲に収めたいなと。

そう考え、資産配分とポートフォリオ、積立投資の内容を見直すことにしました。

どのように見直したか、見直し後のポートフォリオはどうなったかは次回にでも書きます。

関連記事
2015年4月初旬の資産配分とポートフォリオ


にほんブログ村

投資信託 ブログランキングへ




ブログパーツ
posted by しいたけを at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

2015年4月初旬の資産配分とポートフォリオ

4月初旬時点で資産配分を確認しました。

【4月初旬の資産配分】


国内株式34%、先進国株式21%、新興国株式21%、国内債券9%、先進国債券7%、国内リート8%
※FXを除くリスク資産

過去20年実績 
期待リターン:6.5%、リスク:15.1% (myINDEXより)


続いて、保有金融商品の一覧です。

<保有金融商品の一覧>

国内株式
個別株式:NTTドコモ等
ETF:TOPIX連動型上場投資信託(1306)等
投資信託:ニッセイ日経225インデックス等

先進国株式(全世界株式も含める)
ETF:Vanguard Total World Stock ETF (VT)
ETF:MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)
投資信託:ニッセイ外国株式インデックスファンド等

新興国株式
ETF:Vanguard FTSE Emerging Markets ETF (VWO)
投資信託:SMT新興国株式インデックス・オープン等

国内債券
個人向け国債10年変動等

先進国債券
豪ドルMMF等

国内リート
ETF:(NEXT FUNDS)東証REIT指数連動型上場投信(1343)
投資信託:ニッセイJリートインデックスファンド


1月初旬時点で資産配分を見直した通り、国内債券を大幅に増やし、先進国債券を逓減させています。

2016年までに(先の話で機会損失になるかもしれないが)目標の資産配分とポートフォリオにすることを目指します。

関連記事 
2015年初の資産配分とポートフォリオを見て、ふと悩む
安定収入が無いのを(今更ながら)再確認し、資産配分を見直す


にほんブログ村

投資信託 ブログランキングへ




ブログパーツ
posted by しいたけを at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする