2016年07月08日

2016年7月初旬の資産配分とポートフォリオ

7月初旬に資産配分とポートフォリオをチェックしました。
Brexitショックでどう変わったのでしょう。

【7月初旬の資産配分】



国内株式25%、先進国株式17%、新興国株式16%、国内債券29%、先進国債券5%、国内リート8%
※FXを除くリスク資産

過去20年実績 
期待リターン:4.6%、リスク:11.7% (myINDEXより)

先進国株式、新興国株式の割合が減り、国内債券の割合が増えた程度。


続いて、保有金融商品の一覧です。

<保有金融商品の一覧>

国内株式
個別株式:NTTドコモ、武田薬品等
ETF:TOPIX連動型上場投資信託(1306)
ETF:MAXISトピックス上場投信(1348)

先進国株式(全世界株式も含める)
ETF:Vanguard Total World Stock ETF (VT)
ETF:MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)
投資信託:ニッセイ外国株式インデックスファンド等

新興国株式
ETF:Vanguard FTSE Emerging Markets ETF (VWO)
投資信託:SMT新興国株式インデックス・オープン等

国内債券
個人向け国債10年変動、マネックス債、SBI債
投資信託:ニッセイ国内債券インデックスファンド等

先進国債券
豪ドルMMF等

国内リート
ETF:(NEXT FUNDS)東証REIT指数連動型上場投信(1343)

国内株式には高配当な武田薬品を追加、国内債券にはマネックス債、SBI債を追加しました。


次回チェックの10月初旬までに、個人向け国債10年変動を購入し国内債券の割合を増やすのと、先進国株式のリレー投資をそろそろしようかと考えています。


関連記事
見直し後の資産配分とポートフォリオ、そしてコツコツ積立投資を終了
2016年4月初旬の資産配分とポートフォリオ


にほんブログ村

投資信託 ブログランキングへ




ブログパーツ
posted by しいたけを at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ポートフォリオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック