2015年12月18日

久しぶりに米ドルを現引き(SBI証券で米ドルの現引きのやり方を紹介)


One Dollar / rychlepozicky.com


久しぶりに海外新興国向けリレー投資を行う為、米ドル現引きを行いました。

現引きとは、FX等の信用取引で購入したポジションを、売却して決済ではなく現物として購入することです。


【SBI証券で米ドルの現引きのやり方】

@まずは、SBI証券に総合口座及びFX口座、そして外国株式口座もしくは外貨建て商品取引口座を開設

AFX口座に証拠金を入金

B注文入力において、商品:SBI FX αで米ドル−円を1単位(1万ドル)、新規買い
SBI FX ミニは現引きできないので注意。

C口座管理の建玉一覧より、1万ドルの買ポジションが表示。そこから現引きを14時までに行う
→現引きを行う際、預託保証金に105%ではなく、建玉余力に105%の残高が必要※
一度発注した現引注文は取消できないので留意。


建玉余力=預託保証金−必要保証金
10,000米ドルをレバレッジ5倍、1ドル120円でポジションがあった場合、現引き数量にロールレートを乗じた金額の105%に相当する額以上の建玉余力が必要なので、
必要保証金=240,000円
建玉余力=1,260,000円
預託保証金=1,500,000円
となります。自分は預託保証金が1,260,000円あればよいと勘違いしていました。すぐ入金すれば問題ないですけどね。


D現引き指示の同日夜には、買付余力に1万ドルが反映され、現引き完了


以上のやり方は、以下のSBI証券のQ&Aを参考にして行いました。

外国為替保証金取引(FX)において、現引きは可能ですか?


画像付きのSBI証券で米ドルの現引きのやり方が知りたい方は、以下のブログ(The Goal)の記事が詳しいです。

SBI証券の外国株式(米国株式)のお得な買い方まとめ!

関連記事
米ドル現引き&VWO購入

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

投資信託 ブログランキングへ




ブログパーツ
posted by しいたけを at 18:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 投資売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
大変勉強になります。
ありがとうございます。
あとは、コスト(手数料とか)を教えていただけるとありがたいです。
特に、外貨預金や単純購入と比べての...

Posted by スイス鉄道のように at 2015年12月19日 16:43
スイス鉄道のようにさん、以下のブログの記事は参考になりますか?
海外(米国)ETF・株式の手数料比較!為替・売買手数料のトータルコスト最安の証券会社はどこ?
http://investment-by-index-invest.com/fee-comparison-of-overseas-etf/

SBI証券でFX現引きでドルを仕込むのが「実質」一番コスト低いと。例えば、1ドル120円の1万ドルのポジションを保有していて、翌日1ドル121円時で現引きを行おうとすると、120万円で現引き出来るのではなく、121万円で現引き&FXで利益1万円=実質120万円となるのでご留意を。
Posted by しいたけを at 2015年12月19日 18:39
へえ、現引きってしたことないです。
投資方面は海外ばかりですが、日本で売られている投信やETFばかりなので。。。
このドルって現金で下ろすこともできるんですかね、そしたら単純にドルへの両替でも使えるのかなあ。

ところで、18きっぷの情報ありがとうございました。
新宿でチケットショップを回ったところ、最高値6,200を見つけることができました。
情報が無ければ最初のショップに4千円で売っているところでした。助かりました。
Posted by 招き猫の右手 at 2015年12月23日 22:09
招き猫の右手さん、お役に立てて嬉しいです。ここでは現金で下ろすことは難しいと思いますよ。(住信SBI銀行から外貨送金等で手数料多)
海外旅行でドルを使いたいのなら、FXのマネパを使うといいらしいですよ。
http://www.moneypartners.co.jp/exchange/
Posted by しいたけを at 2015年12月24日 10:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック