2015年01月30日

個人向け国債について自分の勉強不足感有り!

日本円.png

目標とする資産配分に基づいて国内債券のウェイトを上げるべく、第58回個人向け利付国債(変動・10年)をSBI証券で今週に購入しました。

第58回個人向け利付国債(変動・10年)初回適用金利0.20%

個人向け国債キャンペーンを狙っての行動ですので、購入額は50万円。


で、購入してから書くのもおかしい話ですが、個人向け国債については自分の勉強不足な感が。

個人向け国債について強烈に覚えているのが、ファイナンシャル・プランニング技能士3級の試験に出た
「個人向け国債には3つあり、変動10年と固定5年そしてもう1つは固定何年ですか?」
みたいな問題で見事に固定2年と選択してしまったので、固定3年の個人向け国債は忘れません。


さて、勉強不足を感じたかというと、どうして第58回個人向け利付国債(変動・10年)の初回適用金利が0.20%となったかが分からなかったのです。

下記の参考資料を元に考えると、
・1月初旬に基準金利を決定
・12月の10年固定利付国債の平均落札利回りが0.30%程度
・それに0.66を掛けて初回適用金利が0.20%
となったからか。

【参考資料】
SBI証券 円貨建債券 個人向け国債


1月の平均日本国債10年の利回りは0.26%程度となっており、このままでいくと次回の第59回個人向け利付国債(変動・10年)は初回適用金利0.17%程度となるのかな?

【参考グラフ】
長期金利推移グラフ

日本国債10年の利回りはJリート指数にも影響してくるので、チェックした方がよい指数?
皆さんは日本国債10年の利回りは定期的にチェックされてますか?

関連記事
安定収入が無いのを(今更ながら)再確認し、資産配分を見直す
マネックス債償還、個人向け国債(変動10年)を初めて購入


にほんブログ村

投資信託 ブログランキングへ




ブログパーツ
posted by しいたけを at 16:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 投資売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
個人向け国債変動10の利率計算方が、2011年ごろ変わりましたよねw
最低利率の0.05%になってしまって、現在の計算法になりました。
でも、利率高くなったら、今の方式損になりますよね。
その時どうするか、2.35%が境界となる利率らしいけど・・
Posted by いろいろでセカンドライフ at 2015年01月30日 17:09
生活防衛資金の置き場として変動10を購入しています。
やっぱり額面が減らないのは安心感はありますね。
なので利率とかあまり詳しくないです><
Posted by クロスパール at 2015年01月30日 19:13
いろいろでセカンドライフさん、コメント有難うございます。おっしゃる通り平成23年変動10年(第34回)までは以下リンクの通り適用利率の算式は「基準金利-0.80%」となっていたようですね。教えて下さり有難うございます。
http://www.mof.go.jp/jgbs/individual/kojinmuke/main/issue/hendou10/No_34.html
平成23年変動10年(第34回)は現在適用利率0.05%と驚愕な数字になっていますね。

クロスパールさん、コメント有難うございます。
確かに安心感はありますよね。10年債利回りは見ておいた方がいいと誰かに言われたような気がしたので問いかけしてみました。
Posted by しいたけを at 2015年01月30日 21:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/413216192
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック