2015年01月09日

早期退職後、2014年の生活費実績


3D Budget Pie Chart / StockMonkeys.com


2014年の生活費の実績が出ましたので紹介します。

【2014年生活費 予算との比較】単位:千円
*** 14年実績 14年予算 差異
食費 109 100 -9
外食費 6 5 -1
被服費 10 5 -5
教養娯楽 92 80 -12
交通費 35 20 -15
交際費 24 5 -19
住居費 715 720 +5
日用品 3 3 0
医療費 0 3 +3
住民税 13 30 +17
健康保険 60 50 -10
国民年金 34 0 -34
所得税 17 30 +13
光熱費 86 80 -6
通信費 91 85 -6
旅行費 35 200 +165
特別費 0 30 +30
雑費 23 54 +31
合計 1,353 1,500 +147

海外旅行に行っていないので予算達成ですな。
交通費は教育ボランティアを始めたので増えたのと、国民年金は予算編成時には全額免除できると思っていたのにつきる。それでも135万円は上出来。


続いてブログにリンクさせてもらっている、成為さんキムさんの2014の生活費と比較してみました。

【2014年生活費 他ブロガーさんとの比較】単位:千円
*** 14年実績 成為さん キムさん
食費 109 365 67
外食費 6 0 6
被服費 10 24 9
教養娯楽 92 0 204
交通費 35 155 55
交際費 24 470 46
住居費 715 502 476
日用品 3 28 30
医療費 0 0 0
住民税 13 0 0
健康保険 60 65 0
国民年金 34 0 16
所得税 17 0 0
光熱費 86 62 127
通信費 91 90 57
旅行費 35 800 0
特別費 0 0 0
雑費 23 340 49
合計 1,353 2,901 1,142

参考記事
成為さん:基礎生活費月10万円セミリタイア生活、2014年予算対実績
キムさん:2014年決算

上記は当方でブログ記事を参考に強引に費目へ振り分けをしたので、参考程度でしかありません。成為さんはバイトへ行く交通費も上記に含めているだろうし、キムさんは各種税金は給与の源泉徴収で別途支払っていますし。
2人と比較するとやはり住居費が高いすね〜。リタイアを目指すなら家賃は4万程度が適当なのでしょうね。

次回は2015年の生活費予算について書きます。


生活費、食費の関連記事
毎月の生活費
早期退職後、2013年の生活費
食費が1日300円以内か
食費を1日300円以内にできているか


にほんブログ村

セミリタイア ブログランキングへ

ブログパーツ
posted by しいたけを at 16:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 早期退職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キムさん、成為さんとの比較は面白いですね。

項目の振り分けルールを決めてブロガーたちがそれに従った生活費を公開する試みがあれば良いですね。

それぞれの生活スタイルによる比較などができるとリタイアを目指す人の参考になると思います。

それにしてもしいたけをさんもキムさんも低コストな生活で素晴らしいですね。
成為さんは旅行や交際費が膨らんだみたいですが。
Posted by らいくむ at 2015年01月10日 10:49
らいくむさん、生活費を比較して公開する試み面白そうですが、ブロガーの皆さんはそれぞれ項目へのこだわりがありそうで難しそうですね。食費、光熱費、通信費、住居費等振り分けが簡単そうなもので比較はやってみようかと思っています。
Posted by しいたけを at 2015年01月11日 10:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412065017
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック