2014年09月10日

ちょっとした収入があった無職の国民年金の免除申請結果と国民年金保険料


定額給付金申請 / cinz


今年の7月に申請した国民年金の免除の結果が、先日送られてきました。

早期退職後から今年の6月までは、以下記事の通り、失業での免除申請を行い全額免除していました。

まとめ 早期退職後の諸手続き(国民年金、企業年金 年金その1)

雇用保険の失業手当も切れ、今年度からは失業を加味しないベースでの免除申請です。

今回の免除申請の対象は平成26年度分ですが、その期間は平成26年7月〜平成27年6月。平成26年度分の審査対象となる所得は前年の平成25年の所得です。

自分にはちょっとした雑収入があったので、審査結果がどうなるか心待ちにしていました。

国民年金の免除申請結果

国民年金の免除申請結果は

4分の3免除

でした。

後日、4分の3免除ベース(月3810円)での国民年金保険料の納付案内が来たので、7月分〜来年3月分をまとめて納付する予定です。

来年度も今年はちょっとした雑収入があるので、一部免除になりそうです。

最後になりますが、
・所得が少ない方
・失業等で経済的に保険料の納付が困難な方
は国民年金を「未納」にするのではなく、「免除申請」されることをオススメします。

関連記事
無職での住民税と国民健康保険税の金額
早速申し込む 東京ガスで口座振替割引始まる
お金に関する情報、リテラシーがないって恐ろしい


にほんブログ村

リタイア日記 ブログランキングへ




ブログパーツ
posted by しいたけを at 14:28| Comment(2) | TrackBack(0) | セミリタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国民年金は免除(4分の3,半分,4分の1?・全額)がありメリットなんですけど・・。

確定拠出年金を運用出来なくなるのがデメリットです。
(満額支払い以外はできないと明記されてます)

ですが、セミリタイアされる方(している方)には、免除が一番なんでしょうね〜。
Posted by たぽ at 2014年09月10日 15:35
たぽさん、コメント有難うございます。
私の知識の範囲では、国民年金を免除していても、「運用」はできます。私は免除していますが、個人型確定拠出年金を運用しています。
できないのは、確定拠出年金への「加入」と掛金の「拠出」です。
私の場合は、加入する為に一定期間国民年金保険料を支払い、掛金の拠出も一定期間行い、一定期間後免除申請し、晴れて?「拠出者」から「運用者」にランク変更になりました。
Posted by しいたけを at 2014年09月11日 09:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック