2014年08月24日

最大の節約?地方の実家で親と同居のメリット3つ、デメリット4つ


Parents / Jacob Haas


よく見ている貧乏セミリタイア生活 働かない日々のじゅんぺーさんが実家を出ることを決意したという。

実家を出る事にしました


実家に戻ることを検討していた自分にとって、実家で生活することは難しいのかと再び考えさせられました。

じゅんぺーさんからは、
>それぞれの家で違うと思うのでどうでしょうか
とコメントを頂いたので、自分の場合はどうだろうと改めて考えてみました。



地方の実家で親と同居のメリット

1、かなり節約できる

今までは家賃、光熱費、食費と支払ってきたが、それらが格段に抑えられる。一方で実家にどのくらいお金を入れるかが問題になってくるが、相場は以下のようだ。

実家暮らしの社会人、家にお金を入れる人は3万円〜5万円が相場!?

入れてない人が3割等、正に家庭其々。
自分の場合は、最低でも増えた分の光熱費と食費は払いたいなと。

これで一人暮らしに比べて50万円程度節約できる見込み、かなり助かる。


2、健康的な食生活を送れる

定期確認、食費が1日300円以内か3
の通り、全く健康的な食生活を送っていません。(キッパリ)
そもそも食にあまり興味がないこともあり、現在は不自由を感じていないのですが、将来健康を害する恐れもあるでしょう。炭水化物だけでなく、肉、野菜、果物が継続的にある食事は無いよりあった方が勿論良いですし。


3、長期で旅行がしやすくなる

リンク先の一日不作一日不食の記事、
長期で旅行に出るためにも、固定費の削減は重要
でも書いてある事ですが、旅行していると宿泊代と家賃が二重に発生してしまいます。

実家暮らしであっても発生はしますが、家に入れるお金程度です。上記1の通り節約した分のお金で、海外旅行に行くこともできますしね。


スポンサードリンク




地方の実家で親と同居のデメリット

1、一人暮らしに慣れた人には、共同生活はストレス

一人暮らし歴も長いと、自分がしたい生活ができ、自分の生活の型が決まってきます。同居した際、以下の点は直す必要があります。

・夜中に音をたてる(TVで笑ったり、大きな音でサッカーを見たり)
・オナラやゲップ等を平気でする(勿論、人前ではしませんが)
・言葉を発しない生活(一人暮らしであれば、誰とも喋らない日もある)
・効率を重視した生活(効率的でない親の習慣に口出ししない)


2、親から干渉をされる

流石に自分はオトナなので過度な干渉はしてこないと思いますが、それでも
・そろそろ働いたら?
・結婚は考えてないの?
・たまには外に出たらどうだ?
的なことを、心配しているからでしょうが、言ってくるでしょう。


3、ある程度の近所付き合いが必要

近所付き合いはこちらでは全くしていませんが、実家に戻ればある程度の近所付き合いが必要でしょう。しておかないと、不審者と思われ通報される恐れだって。でも60代以上の方と、一体何を話せばいいでしょうね。

無職にこそ、肩書きは必要だったんだ
の通り、肩書きは用意しておく必要があります。


4、地方は不便

<交通>
現在は20キロ先の都心まで電車で300円、10分に1本、帰りの終電は夜12時。
実家では10キロ先の街中までバスで500円、1時間に1本、帰りの終バスは夜10時。
都会は本当に便利で、交通費は安いですよね。これだと車がないとやっていけない。車の運転は苦手なんです。

<テレビ>
テレビ東京が見れないのは嫌。平日見ているモーサテはBSジャパンで観れるけれど、未来世紀ジパングやモヤモヤさまぁ〜ず2が見れない。

そして下世話な東京MXの5時に夢中が見れないのがとても痛手。

無職の楽しみ2、5時に夢中!


と地方の実家で親と同居のメリット、デメリットを挙げてきましたが、デメリットを我慢できるくらい節約のメリットが大きいと感じています。

まだ決断するのは先なので、じっくり考えてみます。

関連記事
節約と勉強はとても相性が良い
早期退職後、2013年の生活費
悲報:無職は恋愛対象にもならない


にほんブログ村

リタイア日記 ブログランキングへ




ブログパーツ
タグ:実家 同居
posted by しいたけを at 16:14| Comment(2) | TrackBack(0) | セミリタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜。名前が出ていたのでコメントさせていただきます。

私も金銭的な節約や食事の面は大きいと思います。ただ私の場合、食べろ食べろと沢山食べさせられるので太ってしまいそうです。誰とも話さないと声が出なくなりますから、話し相手がいると随分違いますよね。
デメリットとして私の性格的な問題ですが、書かれている事に加えどうも居候感が抜けませんでした。全く自分の内面の問題ですが、多分家にお金を入れていたとしてもそういう感覚は残るような気がします。かなり気を遣ってしまうのですね。でも親と住むのはむしろ親孝行とも言えるのですから全く気にする事はないし、地方では世帯同居は当たり前ですのでね。

自分ももうちょっと父親が普通だったらもっと長く実家で節約の日々を過ごせていたと思います。(父が頑固すぎまして...)
Posted by じゅんぺー at 2014年08月24日 17:03
じゅんぺーさんコメント有難うございます。
「食べろ食べろ」攻撃はうちでも有りそうですね。うちの実家はたくさんのおかずを作りすぎなんですよ。ご飯、味噌汁、メインとサブのおかずの計4品で十分なんですが。昔は食えなかった反動かな。。。
居候感は抜けないのも仕方ないのでは。家は親のもので、独立した今となっては、住ませてもらっているのも事実ですから。お互い気を遣いすぎるのも大変なので、家事分担等の決まりは作るつもりです。
Posted by しいたけを at 2014年08月25日 10:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404263248
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック