2014年04月13日

まとめ 早期退職後の諸手続き(健康保険)


Patient ID card proposal / *King of the Ants*


早期退職後に加入する健康保険としては、

・再就職先の健康保険
・家族の扶養となり、家族加入の健康保険
・前の会社の健康保険に任意継続加入
・国民健康保険に加入

等の選択肢がありますが、主に迷うのは

・前の会社の健康保険に任意継続加入
・国民健康保険に加入

のどちらにするのかでしょう。


健康保険の内容は、任意継続であれば傷病手当金が受給できる等ありますが、任意継続と国民健康保険ではさほど違いはありません。

違いがあるのは、保険料の金額です。


健康保険 保険料の金額

在職時はあまり意識しませんが、在職時に支払っている保険料は事業主と被保険者で折半した後の保険料となっています。同様に雇用保険料や厚生年金保険料も折半です。


<前の会社の健康保険に任意継続加入>
自分は国民健康保険一択だったので、任意継続での保険料の詳細は分かりません。

分かっていることは、

・退職後2年間加入、途中脱退は原則不可となること
・退職後は、事業主折半分が無くなるので在職時の保険料の2倍程度を払う
(→と考えていたが、成為さんのブログによると、成為さんのケースでは1.7倍程度になったそうです。)

の2点です。

<国民健康保険に加入>
雇用保険の特定受給資格者の場合は、国民健康保険の減免制度があります。前年の給与所得を実際の30%とみなし保険料の計算されることに。30%での軽減計算は、失業期間として退職日の翌日から翌年度末まで適用となる。
(例:2013年12月早期退職の場合は、2015年3月末まで軽減が適用)


自分のケースでは、在職時の健康保険の保険料を1とした場合、
国民健康保険で減免制度利用 約0.4倍 ※支払い実績
健康保険に任意継続加入 1.7〜2倍 ※推定

となりました。

雇用保険の特定受給資格者の場合は断然国民健康保険が有利です。

スポンサード・リンク




国民健康保険の減免制度の申請

国民健康保険の減免制度を申請するには、雇用保険受給資格者証が必要です。

雇用保険受給資格者証の離職理由が特定受給資格者コード(11,12,21,22,31,32)や特定理由離職コード(23,33,34)の方が対象となります。

雇用保険のところで説明をしましたが、雇用保険受給資格者証をもらうまでには、退職後3〜4週間かかるのが一般的です。

一方で、国民健康保険の加入は退職日翌日から14日以内となっており、雇用保険受給資格者証をもらってからの申請では間に合いません。


自分の場合は、退職前に役所へ
・国民健康保険の減免制度利用での保険料試算(前年の給与所得の源泉徴収票を持参)
・国民健康保険の切り替え及び減免制度利用
について相談をしました。
そこで「国民健康保険税賦課試算結果」を作成してもらい、大体の保険料を把握しました。(後日支払った額は同じ金額でした)

14-04-14_005.jpg

以上をまとめ、手続スケジュールを作ってみました。


<国民健康保険の加入手続き>
・退職日前に役所で、国民健康保険の相談(保険料試算等)

・会社から退職日前に、健康保険被保険者資格喪失証明書をもらう

・自治体の役所に国民健康保険の加入手続き(退職日翌日から14日以内)
健康保険被保険者資格喪失証明書、印鑑等を持参する。
その際、会社都合での早期退職の旨伝え、国民健康保険の減免制度の相談も。

・雇用保険受給資格者証をハローワークでもらう

・国民健康保険の減免制度を申請する
雇用保険受給資格者証を持参するのを忘れずに。


以上が健康保険についてですが、ここでの内容は自分の経験や本やインターネット等で調べたものから書きました。具体的な内容、手続については各役所にお問い合わせ下さい。

早期退職 関連記事
まとめ そもそも早期退職とは
まとめ 早期退職制度の詳細(金額等)
まとめ 早期退職のメリット
まとめ 早期退職のデメリット
まとめ 早期退職の決断理由
まとめ 早期退職が発表される前兆
まとめ 早期退職の一連の流れ
まとめ 早期退職時の面談
まとめ 早期退職後の諸手続き(雇用保険の失業給付)
まとめ 早期退職後の諸手続き(健康保険)
まとめ 早期退職後の諸手続き(国民年金、企業年金 年金その1)
まとめ 早期退職後の諸手続き(企業型確定拠出年金、運営管理機関の選定 年金その2)
まとめ 早期退職後の諸手続き(所得税、住民税)
関東南部で早期退職後に住民税が減免できそうな自治体は?
早期退職後の再就職と再就職支援会社
30代の早期退職は成功か失敗か、後悔してないか
リタイア希望者が早期退職前にやっておくこと、引越しとクレジットカード作成
早期退職後に陥ったこと、足腰弱る

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

リタイア日記 ブログランキングへ




ブログパーツ
posted by しいたけを at 16:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 早期退職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の場合は保険料の上限に達してしまったようで、1.7倍となったものです(それ以上の保険料がない)。通常は2倍かも。
Posted by 成為 at 2014年04月13日 16:43
はじめまして。

自分も雇用保険受給資格者証を待っていたら任意継続の申し込みが間に合わなくなった口でした。

後から知りましたが、任意継続は一回でも保険料を滞納すると強制退会させられるようなので、とりあえず任意継続に申し込んでおいて、国保の減免措置が確定したらこの手で退会するのもありかもしれません。
Posted by 観楓 at 2014年04月14日 09:48
成為さん、コメント有難うございます。
会社の健康保険には保険料の上限がありましたね。失念していました。
Posted by しいたけを at 2014年04月14日 09:55
観楓さん、コメント有難うございます。

任意継続での保険料滞納で強制退会は知ってはいましたが、自身での経験がないことと、書いてOKな内容か判断がつかなかったので、「途中脱退は原則不可」と書きました。

任意継続での保険料滞納で強制退会は、よくあることなんですかね?
Posted by しいたけを at 2014年04月14日 10:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック