2014年04月06日

SBIポイントで国民健康保険税を払う(nanaco経由)


セブンイレブンまで711m(知床ウトロ) / jetalone


投資信託の保有高や投信積立キャンペーンで貯めたSBIポイント、今まではSUICAポイントに交換していましたが、今回はSBIポイントで国民健康保険税を払ってみました。


nanacoカードの作り方

nanacoはセブンイレブンやイトーヨーカドー等で使える電子マネーです。店頭での申し込み&発行手数料300円(※nanacoカードの場合)を払うと入会できます。nanacoモバイルであれば発行手数料無料です。
クレジットカードのセブンカード・プラスもあります。

自分は発行手数料300円をケチるため、イトーヨーカドーのハッピーデー(8のつく日)に合わせて、イトーヨーカドーでnanacoカードを無料で作りました。

2014年4月現在はnanacoカード新規入会キャンペーンを開催しており、
発行手数料300円を払っても
+新規入会で200ポイント
+新規チャージで100ポイント
もらえるので、実質無料でnanacoカードの発行ができますね。


SBIポイントで国民健康保険税を払う

そうこうしてnanacoカードを入手できました。
以下、nanaco経由、SBIポイントで国民健康保険税を払うやり方です。


@nanaco公式サイトにログインできるかの確認
nanaco公式サイトで
「会員ログイン」→「パスワードがなく、nanacoカードをお持ちの方」
からログインします。

ASBIポイントサイトでポイント交換の手続き
ポイント交換予定は毎月末日〆後翌月15日なので、時間がかかることを留意。

Bnanaco公式サイトで、nanacoポイントに交換完了したのを確認

Cレジにて支払い
セブンイレブンのレジにて
「nanacoポイントを電子マネーに交換してください」
と店員に伝え、電子マネーに交換してもらう。交換後、バーコード付きの国民健康保険税納付書を提示し、支払う旨を伝えればOK。

nanacoと現金は併用することも可能。
支払い金額に対し、nanacoの電子マネー残高が不足している場合は、まずnanacoで支払い、不足分を現金で支払うことができます。

nanacoカードが便利なのは、公共料金や税金の支払に使えることです。投信積立等で貯まったポイントで、公共料金や税金の支払いをするのも便利ですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

リタイア日記 ブログランキングへ




ブログパーツ
posted by しいたけを at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 節約無料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック