2013年12月03日

NISAは意外なトコロにしました


Tokyo Stock Exchange / Dick Thomas Johnson

決めかねていたNISAをどこにするか決めました。

NISAの特徴は
毎年100万円迄の投資分について、譲渡益又は配当金が非課税
となるところ。

譲渡益が出るかどうかは先読みできないので、継続的に出る配当金狙いでNISAの口座を運用する方向にしました。

配当金狙いの対象としては、株式やリート等ありますが、自分は慣れているインデックス型ETFを選び、リレー投資の移管先としてNISAを使う事にします。

ETFの購入には手数料がかかるので、株やETFの売買手数料が限りなく無料のところをNISAの口座選びの最優先にしました。


・配当金狙いでNISAの口座を運用
・インデックス型ETFでリレー投資の移管先
・株やETFの売買手数料が限りなく無料のところ



そして選んだのが、松井証券です。


他のネット証券では2014年のみの売買手数料無料を掲げていますが、松井証券では売買手数料恒久無料です。他のネット証券でも2015年以降の売買手数料を無料とする可能性がありますが、現段階では売買手数料恒久無料の松井証券にしました。



にほんブログ村

投資信託 ブログランキングへ




ブログパーツ
posted by しいたけを at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/381797292
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック