2012年04月21日

紆余曲折な投信選び

今はインデックス投信の積立を行っていますが、そこに至るまでに手探りで購入した投信たちがあります。


1⃣グローバル好配当株オープン
販売手数料:3.15% 信託報酬:1.134%
→初めて買った投信がこれでした。約30万円損、勉強代としては痛い額。

2⃣三井住友・グローバル好配当株式オープン
販売手数料:ノーロード 信託報酬:1.365%
→グローバル好配当株オープンとの違い分かりにくくないですか?
→こちらの運用会社は三井住友アセット、前者は大和住銀投信
→前者が損をしていたので、難平したと思われる。今年1月に売却。

3⃣年金積立インデックスF海外株式
販売手数料:ノーロード 信託報酬:0.882%
→海外株式のインデックス用に購入したと思われる。数か月で売却。

4⃣三井住友・日本株オープン
販売手数料:ノーロード 信託報酬:0.84%
→日本株のアクティブ用に購入したと思われる。数か月で売却。

5⃣トヨタ・バンガード海外株式
販売手数料:ノーロード 信託報酬:1.315%
→海外株式のアクティブ用に購入したと思われる。数か月で売却。

6⃣三井住友ニューチャイナファンド
販売手数料:ノーロード 信託報酬:1.89%
→何となく中国株に手を出したくて購入したと思われる。数か月で売却。

7⃣ピクテインデックスF 中国H株
販売手数料:ノーロード 信託報酬:0.945%
→三井住友ニューチャイナファンドから乗り換えて購入。こちらも難平しまくった苦い記憶が。
→中国H株(香港証券取引所に上場している中国企業の株式)の意味もあまり理解せず、購入。
→ハンセン株価が下がりそうになったら、難平しまくった苦い記憶が。まだ保有。


最初はこんな場当たり式で購入していました。
なので最初は1,000円からの積立でもいいので始めることが大切で、その後に方向修正すればいいと思いますよ。

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村




ブログパーツ
ラベル:投資信託
posted by しいたけを at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資売買 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック