2012年04月11日

資産運用備忘録3〜金融リテラシーをつける〜



外貨MMF以外に別の投資はないかなと思っていた時にある本に出会いました。

1つ目は、最近テレビで見なくなった勝間和代さんの本「お金は銀行に預けるな」(光文社新社)。

この本では、金融リテラシー(金融に関する知識や能力)が日本人は足りないということが述べられていて、
このことは100%僕も同意します。お金やお金儲けについて話すことはやましい、はしたないことである、という雰囲気が日本にはあると僕は思います。まぁ僕も株=山師と思っていましたけど。

ある程度の金融に関する知識や能力については、家庭や学校で教えた方がいいと思います。クレジットカード/リボ払いの仕組み、普通預金/定期預金/株/債券/投資信託、税金の仕組みとか。

例えば税金、プロ野球1年目の選手がいきなり年俸や契約金等での大金を入手して、税金を考えずに高級な買い物をしまくるとか聞くと、所得税は前年の所得に対して税金がかかること等の税金の仕組みを知らないんだな〜と思っちゃいます。

僕も社会人生活が数年経って、年末調整の意味を理解しましたけどね。
年末になるとなんでみんな保険証書をもってきたりしてんの?と思ってましたし、恥ずかしい話ですが人事総務に「自動車損害保険の保険証書」を提出したこともありますw

社会人になって、本当に知っておいた方がいいなって思ったことはたくさんあります。

だからといって、子供の時に親から
「家のローンはあと何年、毎年いくら払っている」
「おまえが生まれてから大学に行かせるまでに1500万かかった」
みたいな話をされるような環境なら間違いなく萎えると思うので、教え方(何を、どう)は本当に難しい。

というわけで、勝間さんのこの本はオススメです。古本屋に行けば100円棚にあると思うので、財布にも優しいです。

次回はもう1つの本と資産運用について書きたいと思います。

※税金の話は勘違いあるかもしれませんので、その際は指摘お願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
にほんブログ村
ブログパーツ
posted by しいたけを at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/263823486
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック